ABBYY Cloud OCR SDKは、よく使われるシナリオを一連の処理プロファイルとして提供しています。 ご自身の状況に合ったプロファイルを選んでください。間違ったプロファイルを選ぶと、処理品質を著しく低下させてしまう可能性があります。 利用できる処理プロファイルの説明をまとめた表をご覧ください。

プロファイル 説明
documentConversion RTFやDOCXなど、編集可能な形式に文書を変換する場合に最適です。 このプロファイルは、フォントスタイル・写真・背景色など、オリジナル文書の構造や見た目を維持することに焦点を絞っています。
documentArchiving

検索可能な文書によるデジタルアーカイブの作成に最適です。 このプロファイルは、文書を編集可能な形式に変換するためのものではありません。 検索可能なPDF(画像の下に認識テキストが入るもの)の作成用に最適化されています。 画像に埋め込まれたテキストを含め、入力画像で認識できるテキストはすべて認識します。